木葉功一のブログ

~テキスト倉庫と日記~

月: 10月, 2014

「日本の教育制度は子供たちの知識を広げるためにはデザインされていなかった。訓練することが重要なことであって、学びや知的成長は求められていなかった」

20110908131553291

SEETELL 日本の教育制度を変えるのは複雑すぎる パート1:プロイセン型教育制度

 

最近日本の教育制度についてよく語られる。 日本の企業経営者は教育制度からはグローバルな環境に適合するモチベーションや能力をもった従業員がいないと言う。 この苦情は非常に皮肉である。というのが教育制度の原点がそういうことだからだ。

日本の教育制度は古典的な意味で、日本の子供たちの知識を広げるためにはデザインされていなかった。その代わり、明治初期に成長を始めた産業では手際よくおとなしい従業員と、新しい社会制度のエリート予備軍としての権力の下で従順に働く人材が必要だった。  訓練することが重要なことであって、学びや知的成長は求められていなかった。

1868年の明治維新後、日本を強く近代的な国にするために西洋式学習方法と制度が取り入れられた。友好親善が目的であったが、海外の文明 は思想を調査するために政府首脳陣や留学生を含む岩倉使節団が海外へ送り出された。 お雇い外国人と呼ばれた外国人学者は新しく設立された大学や士官学校で教鞭をとるために招聘された。 主にプロイセン型の義務教育が紹介された。

プロイセン型教育制度をみてみよう。ナポレオンの素人軍隊が1806年のイエナの戦いでプロイセンのプロの軍勢を征した1年後、ドイツの哲学者ヨハン・ゴットリープ・フィヒテは有名な講演『ドイツ国民に告ぐ』を行った。この講演で、彼はプロイセンの大衆にプロセインがこの最も不名誉な敗北から立ち直るには、強制的な教育で命令に従うことを教えることが唯一の方法だと言った。

近代の義務教育は1819年にプロイセンで、人類の歴史で初めて教育が国全体に強制された。 ゴールはシンプルだった:軍隊の従順な兵士、従属的な探鉱夫、政府に従順に従う公務員、おとなしい会社員、そして大きな問題に対して同じ考えをもつ市民。 結果は言うまでもなくプロセインの支配階級のエリートたちに受けが良かった。そして産業は栄え、戦争には強くなった。

プロセインでは、国民学校が92%の子供を教育した。 その目的は、知性の向上ではなく、子供たちに社会での服従と従属を教えることだった。 たった8%の子供たちが数学、自然科学、外国語などを中心としたレアルシューレに進学した。大衆が知的発育をすると戦いに負ける原因を作るとされた。

そしてまだある。ドイツが統一国家として現れたとき、プロイセン型学校制度は拡大された。1917年にフランツ・ド・ホブレは以下のように書いている:

ドイツ教育の一番の基本は国家の方針に基づいていることである・・・・・。 ドイツ教育の基本的特徴: 国家への教育、国家のための教育、国家による教育。 国民学校は国家統一の概念の直接的な結果である。 国家は目に見えるものの最上位にある。

1910年にエルンスト・トレルチは明白なことを指摘した: 「学校組織は軍隊組織と並列であり、公立学校は民間の軍隊である。」 ドイツの哲学者 ヨハン・フィヒテ はドイツの学校制度構築の主たる貢献者だった。 学校は「人を作らねばならない、そしてその人が国家の望む通りの意思決定だけをするように作らねばならない」と言ったのはフィヒテ出会った。 重要なのは、アメリカの義務教育の提唱者たちはプロセインの制度を見てとても気に入りその方式を取り入れたことだ。元教師の ジョン・テイラー・ガットー が書いている通り:

少数の非常に情熱的なアメリカの思想家がプロセインを19世紀に訪問している。彼らは教育制度の秩序、服従、効率の良さに感動して、それからは休むことなくプロセイン型のやり方をアメリカに導入しようと啓蒙活動をした。プロセインの最終的なゴールは、ドイツ統一であった。一方アメリカ人のゴールは移民のカトリック信者の群れをひとつにまとめて北ヨーロッパ文化モデルに基づいたアメリカの国家的考え方の型にはめることだった。 それを達成するには、子供は親から引き離して望ましくない文化の影響を受けないようにすることだった。

ガットーはプロセインのモデルがいかに現在に至る教育制度の基準を定めたかを強調している。 「制度全体は教師によって与えられる直接の情報と抽象的情報の破砕こそが従順で従属的な卒業生、任意次数に適切な敬意を払うという前提の上に構築された」と彼は書いている。彼は、アメリカの教育者はプロセインから三つの大きなアイデアを輸入したと言う。

第一番目は、国家による学校教育は知的なトレーニングではなく「従順であること、従属的であること、集団生活に慣れること」に子供を調教することである。これによって、暗記は考えることより重要となった。

第二番目は、全体のアイデアを破砕して「科目」に分け、学校の一日は決まった時限数に分けられた。「絶え間ない中断を設けることで、学びの自己発心は無言のうちに消えていく」仕組みだ。

第三番目は、国家は子供の真の親であると仮定された。 ガットーは、「どの理論も子供の学習の仕方やどの学習が最も価値があるかは正確には言えない」と言っているが、これらすべてのことは教育への科学的アプローチとして行われた。

プロセイン型教育を理解するために、新しい取り組みを見てみよう:幼稚園。 1840年にフリードリッヒ・フレーベルは、子供の社会性を養うために最初の幼稚園をドイツに開設した。 「名前の通り、キンダー(子供の)ガーテン(庭)として、子供を植物のように育てると場所として幼稚園は考えられた」とスプリングは書いている。

明治の日本はというと、ペリーの黒船到来以来二つの大きな改革を遂げた。一つは開国であり、もう一つは明治維新だ。当時のリーダーにとってプロセイ ン型の教育は大衆を型にはめ、経済と軍事振興のために必要な訓練をするのに役立った。 短期的には目的を果たしたが、長期的にはこの方法の弱点も多い。

現状に至るまでの最も顕著な欠点は、太平洋戦争まで軍隊が教育を支配したことだった。それによって若者は戦争をすることと国土拡大計画を完全に教え 込まれたのだ。 そのせいで、多くの日本人の命が間違った戦争で失われた。 また、アメリカ式プロセイン型教育を敗戦したばかりの当時の日本に持ってきて 不当な影響を与えた。 当時本当の意味の教育改革をすることはもっと易しかったはずだ。

今日、硬直した官僚制度(これも残念ながら同じ教育制度で訓練されてきた)を支える教育制度は複合的な機能不全であり、グローバルな企業が必要とす る訓練は提供できていない。 結果として、どこにも適合できていない人が多くいる世代が出来上がってしまった。 特に18~34歳の人々にとって、教育制度で受けた訓練は、今の世の中 で彼ら全員を支えてくれなくなっている。

社会問題は教育制度の機能低下の証拠である。 自殺者数は上昇している。 出生率は低下している。労働人口の40%は職がないか、パート労働者である(多くの人は複数のパートの仕事を掛け持ちしている)。 家族の文化が衰退している。多くの家庭では夫婦共に働き、子供のケアを通して子供が日々接する権威は政府である(そういう意味では、プロセイン型教育制度 は成功を収めている)。

18~34歳の世代はモチベーションの低さを指摘されている。 事実は、従業員の仕事をする能力と従順さを訓練するのが目的の教育制度は、この世代に対して現在の経済社会的衰退の環境を生き抜くための準備はしてこな かった。 この世代の創造性、革新性、そして自信を育むことは教育制度の目的には含まれておらず、現在の社会制度もこの世代全員をサポート出来るわけでは ない。日本の新しいバイタリティーを作る鍵であるところの、これまでの訓練の殻を破って自分の道を切り開き世界に出ていく若者の数はそう多くはない。

我々は、日本の教育制度が抱える問題をシリーズで記事にしていく努力をする。なぜならば、日本の将来は多くの機関と制度の大幅な改革にかかってお り、教育も例外ではないからだ。 子供の教育が百年以上続いている同じ方法で続けられている限りは、国の改革は不可能である。 より自然な社会の進化が根付くには、追従はなくさねばならな い。個人と家族は国家より重要であるべきだ。そこでは革新と競争の原理が働き、変化があることが国家の普通の状態になり、子供は大きな機械の使い捨ての部 品ではなく現状維持を打開する機会を与えられているべきなのだ。

http://web.archive.org/web/20140421173905/http://seetell.jp/24802

広告

テレビや映画で暴力を表現し、その作品を鑑賞するのはつねに「いけない」ことなのか?すべての暴力表現がペインボディへのサービスなのか?

キャプチャ

どうして暴力的な映画がこれほど観客を集めるのか?暴力映画は一つの産業を形成していて、その大半は人間の不幸依存症を煽っている。人々がそういう映画を見るのは、嫌な気分になりたいからだろう。人間はなぜ嫌な気分になるのが好きで、それが良いと思うのか?
もちろんペインボディのせいだ。娯楽産業の大部分はペインボディにサービスしている。つまり出来事への反応、ネガティブな思考、個人的なドラマに加えて、映画やテレビを通した追体験によっても、ペインボディは糧を補充している。そういう映画の脚本を書くのも、映画を製作するのも、お金を払ってその映画を見るのもペインボディである。

映画が暴力を大きな全体像のなかで表現するなら、その原因と結果を明らかにし、そのために加害者も被害者もどのような目にあうかを示し、その奥にあって世代から世代へと受け継がれていく集団的無意識を(人間のなかでペインボディとして息づいている怒りと憎悪を)暴露してみせるなら、その映画は人類の目覚めに重要な役割を果たす可能性がある。人類が自分の狂気を映して見る鏡になるだろう。(それが自分自身のものであっても)狂気を狂気と認識するのは正気だし、目覚めだし、狂気の終わりだからである。

そのような映画は存在するし、ペインボディの火に油を注ぐこともない。ペインボディが糧とするのは暴力を普通のこととして、それどころか好ましい人間行動として描いたり、観客のネガティブな感情を刺激するだけの目的で暴力を美化し、痛み依存症のペインボディのための「装置」となる映画なのである。

http://dongavatyo.web.fc2.com/index.htm