だから弱いままでいつづけることは毒だし悪だし罪なのだ。

投稿者: kibakoichi

    

『19世紀末、メキシコの荒野。恋を知らない残虐非道な女アウトロー、リンゴ・ロッソは、騎兵隊との銃撃戦の末に拳銃自殺を企てるが、引き金を引いた瞬間、 21世紀の東京渋谷で投身自殺しようとしている女子高生・赤西林檎の肉体の中に、その魂が入ってしまう。林檎は学校で凄まじいイジメに遭っており、そのことが原因で恋人の少年が不可解な死を遂げていた・・・。「アタシは、アタシを、もう誰にも殺させない」一度は死を覚悟した二人の女が、魂と恋の再生を求めて、荒んだ極東の大都市を駆ける。ダークファンタジー。』

 

「アタシは目を伏せる。沙都実の言ってることは正しい。弱さは人を貶める。叩かれた弱者はさらに弱い者を見つけて叩く。その連鎖には終わりがない。だから弱いままでいつづけることは毒だし悪だし罪なのだ。

 あの朝焼けを見た時にそのことを思い知らされアタシは銃を取ることに決めた。強い者の無邪気な暴力に二度と踏みにじられないために。弱い者の卑屈な悪意に二度と汚されないために。

 アタシはアタシを、誰にも殺させない。
 例えこの世界のあたしが、どんなに弱くて無力だとしても!

                     
             小説「リンゴロッソの恋」 パブーにて発売中。

広告